トップページ >活動内容> 第31回勉強会の議事録【SNS集客(アメブロ編)】

第31回勉強会の議事録【SNS集客(アメブロ編)】

第31回SNS集客(アメブロ編)勉強会風景1


■テーマ:SNS集客(アメブロ編)勉強会概要

ペンギン4.0の導入による変動が続いています。

https://goo.gl/hNOoGG

アメブロ集客は顔出しやキャラ出しOKな方にメリットが多い集客方法で、
顔を出さないサイトアフィリメインな方はあまり使ってない方法になりますが
サイトアフィリの集客手段としてSEOは
利益率も高く欠かせない手段ですが

Googleの手のひらの中を上手に泳ぎ続けねばならず
砂上の城のように不安定であることは否めない方法です。

月の売上が100万を越えてる方には
Yahoo、Googleのリスティング広告を利用した

いわゆるPPCアフィリも平行して行うなど、
リスクヘッジをしていくことをおすすめしていますが、

今回はSNS集客、アメブロ集客をテーマに取り上げてみようと思います。


オウンドメディアぽい大き目のメディア系サイトの運営時や、
店舗集客や顔出し集客のコンサルなどでも使える集客方法ですので

サイトアフィリ系の方でも、基本的な構成や仕組みなどは
知っておいたほうがいいかなと思います^^

SNS集客はFacebook、Twitter、インスタ、LINEやLINE@など様々ありますが

今回は母艦として使えるSNS寄りのブログ集客をピックアップし、
基本的な仕組みと解説、事例のシェアなどが出来ればと思います。


第31回SNS集客(アメブロ編)勉強会風景2

■SNS集客(アメブロ編)勉強会議事録メモ

アフィリ対象者に向けてリスト取り
●●院でリスト取りFBでLINE アメブロ


・今後はSEO以外に手を伸ばしたほうがいいのでは

・●●の広告で売れている話はあるが
 ●●で友達に売り込むことになると売れない

・ツイッターがノーフォローのリンクでもSEO的にはOK

・インフィード広告 ネイティブ広告

・●●●●は●●●●にアフィリリンクを投稿する。


・LINEはAPIが公開 LINEはやりすぎるとメルマガより解除率ブロック率が高い


・若い子はメルマガ読まない。インスタに流れている。(10台後半から20前半)
・画像を使わないと読まれない 見られない

・アメブロはSNS寄りのブログ

第31回SNS集客(アメブロ編)勉強会風景3

■アメーバブログのメリット

・●●●●ができる
・ユーザーと閲覧者が多い
・●●●●●ですが●●●●まで十分使える
・SEOに左右されずらい(リスト取得も併用)
 (読者登録できるのは●●●●)

・●●●●は削除されない。●●●●なければ削除されない

・アメブロ同士のリンクはSEO的には内部対策になるが強める効果は多少ある

・アメブロ検索でターゲットを検索できる
・アメブロは福岡市で甘いものが好きな人を引っ張ってこれる。
・天神コア好きな女性を引っ張れる
・ターゲットを絞りこめる 20代女性
・●●に●●したい人にアプローチをかけれる
 ●●の営業マンならここからアプローチでき効率よく見込み客を集めることが可能
・ターゲットを絞り込んで営業できる
 ●●を●●している人にアプローチして●●を売り込める。
・自ブログを見てもらえる確立を増やす
・新規客の集客ばかり取らなくて良くなる。
・●●● 博多 ●●で属性を絞り初回5000円が今だけ3000円でお試してもらいリピートしてもらう。
・ただしお金はかからないが手間がかかる。
・無差別ではなく、ある程度興味があるターゲットを絞り見込み客を引っぱれる 集客できる
・●●スパムが流行ったが、きちんと交流すれば見込み客にきちんとアプローチが出来る
・踊りに興味のある方に。セミナーの集客なども
・ポイントはリスト取りを平行すること。メルマガやLINE
・バックアップツールを使えばアカウント削除されてもリストがあれば復活できダメージが少ない。
・ターゲット層や属性から考えメルマガいいのかLINEにするのか考える。
・メルマガやブログには客さんのいい声を書く。コンテンツかかなくていいし、顧客には一番刺さる
・写真で雰囲気を伝える 対女性には効果大
・毎日趣味や日記記事は効果なし。
・読者登録のCVRは約●●%
・アメブロで記事ライターを探すことも可能
・コメント残してそこから集客も可能
・参考ブログ http://ameblo.jp/ ●●/●●●


第31回SNS集客(アメブロ編)勉強会風景4

■フリートーク

・Yahooリスティング
 先日からヤフーのPC右側広告がなくなった。


・Googleが考えていること
 PC ファースト
 GRCモバイルが必要?
 
・AMP
 WPにはプラグインがある
 AMP(Accelerated Mobile Pages)とはGoogleとTwitterで共同開発されている、
 モバイル端末でウェブページを高速表示するためのプロジェクト、またはそのためのフレームワーク(AMP HTML)

第31回SNS集客(アメブロ編)勉強会風景5

・PWA
 プログレッシブウェブアプリ
 http://digiday.jp/platforms/wtf-progressive-web-apps/

 ネイティブアプリ、ハイブリッドアプリ、インスタントアプリ(ブラウザーでストリーミング)
 アプリ側からWebに近づいていくアプローチと逆で、Webからアプリに近づいていく形でPWAが生まれ1年弱。

 インストール不要のWebサービスなのに、ネイティブアプリのような速さとリッチなコンテンツを提供出来る新しい形は、徐々にその存在感を増してきている。

 グーグルVSアップル 覇権争い 面積争いサイトのスピードアップとモバイル スマホ重視は今後アフィリエイターのサイト制作においても必要になってくるのでアンテナを張っておかれたい(AMP、PWA)

| Page Top ▲